--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.23

趣味、好み、思いこみ。

かなりひさしぶりに、コンタクトにして
アイカラー&マスカラをつけたら目が腫れました。
そりゃーもう、お岩さんのごとく。

全否定された気分です・・・orz



家に帰ったら、こんなもの↓ができていた。
うにの巣。

うにの巣だぁーっ!(ドーラ船長@天空の城ラピュタ)

ドーム型ベッドも段ボール箱もお気に召さないのに
どうしてこういうものは好きなんだろう?

DIY派・・・?


ぐーすかぷー。
(うそっこ寝)

ちなみに、ほぼ毎日製作されております。



続きは、無駄に長いお着物の話なので興味のあるかただけどうぞ。
(「お着物」ってカテゴリーを作るべきかしらね?)続きを読む
スポンサーサイト
Comment:22
2012
04.04

はじめての着付け教室。

いまだ風邪が治らないそよです、こんばんわ。
というか、治りきらないうちにまた引いた。

正確を期すなら「咳が止まらない」。
あたしは昔から気管支が弱くて、風邪を引くといつまでも咳が残る。
これは遺伝的な体質なのかも。
何にせよ、はよ治りたい・・・

むふーん。
眠い、かも。

さて。
体調はイマイチどころかイマセンくらいですが
着付け教室、毎週通ってます。
休みの日の昼間クラスを受講しようかとも思ったんだけど、
休みの日は休みの日でいろいろとあるだろう、と思い直し
平日の夜間クラスを受講。

第1回目は、講師の先生&お教室のみなさんとの顔合わせ、
次回からの持ち物についての説明、受講にあたっての注意事項や
4カ月間にわたるカリキュラムのながれのおさらい、など。
自己紹介させられてしまい、疲労感たっぷり(←団体行動的なモノ、苦手)
そして、どうやら最年長・・・orz
いらんこと言って顰蹙かわないよう気をつけねば・・・
懇親会もあるみたいなので、お若いかたについていけるか、
おばちゃん心配・・・
なにしろ、こちらの教室でいちばん平均年齢が若いクラスなんだそうな。

ちょっと人数が多いようなので飲み込みが悪くセンスのないあたしは心配だけど
がんばって着付けをマスターしたいと思います。

2回目は帯を結ぶまで、肌着のつけかたから。
もらってきたパンフレットと格闘しながら
着付け小物をそろえるのに四苦八苦デスヨ。
腰紐と仮紐の違いがわからん!

3回目は名古屋帯の結び方、お太鼓を作るまで。

難しい・・・
あまりにもわからなすぎて、びっくり。
夢にまで見てうなされた・・・orz

4回目は名古屋帯の結び方、帯締めを付けるまで。

・・もう何も言いますまい。




それにしても
着物が敬遠されたのって、この着付け小物の多さなんじゃないかと思うわ~
でも冷静に考えると、この小物たちって
「キレイに着るために必要」なだけであって
着物がスタンダードだった時代にはこういうの不必要だったんじゃないの?
白無垢とか留め袖とか礼装・正装を着る場合には使ってたんだろうけど・・・
たぶん、普段着として家の中で木綿の着物なんかを着る場合には
いらないモノなんじゃないのかなぁ~

そういえば、今回着物を選ぶにあたってわかったこと。

あたしは古典柄よりも現代ぽいもの、正絹より木綿が好み。
木綿のお着物は、格子柄や水玉、ストライプやボーダー、デニム生地もあるのですよ。
もちろん木綿の帯もあって、花柄や幾何学模様の可愛いものもあるの。
かしこまって絹物を着るより、木綿の着物を気楽に着て歩きたいわ。
じゃないと、結局着なくなってしまいそうだもん。

次回は名古屋帯の結び方、完結編だけど
ほんとに着られるようになるのかなァ。
えっらく心配なんですけどーっ!

あ?
あ?

家でもほぼ毎日練習してるけど
うーことの攻防が大変です。
紐に興味しんしんなのよ・・・

ひもっ♪
ひもっ♪ 
↑目が覚めたらしい(笑)



Comment:23
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。